×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

 

中国 古銭

中国の古銭を元にして作ったレプリカの中には、五帝古銭、六帝古銭、十帝古銭と呼ばれるものがあります。

 十帝古銭とは1616~1912年の清という時代に生きた皇帝10人の発行したもの、六帝古銭とはその中の6人(順治皇帝~道光皇帝)が、五帝古銭(順治皇帝~嘉慶皇帝)とはその中の5人が発行したもので、現在では物事の好転、財運アップなどを願う風水アイテムとして販売されています。  銅銭の外枠の丸さは天を、四角い穴は地を、その間の部分は人を表していると考えられているそうです。

 尚、以下がその10人の皇帝と在位期間になります。

  • 順治皇帝(1644〜1661年)
  • 康熙皇帝(1662〜1722年)
  • 雍正皇帝(1723〜1735年)
  • 乾隆皇帝(1736〜1795年)
  • 嘉慶皇帝(1796〜1820年)
  • 道光皇帝(1821〜1850年)
  • 咸豊皇帝(1851〜1861年)
  • 同治皇帝(1862〜1874年)
  • 光緒皇帝(1875〜1908年)
  • 宣統皇帝(1909〜1911年)
  •  一般的に、

  •  十帝古銭=避邪効果
  •  六帝古銭=家庭平安
  •  五帝古銭=財運
  •  を願うと言われています。

     中国の古銭は、 <古文銭(布幣、貝貨、刀幣、円銭、半両、五銖銭、明刀、王奔銭> <唐の時代の銭(開元通貨)> <五代十国> <北栄銭> <咸豊大銭> <新疆紅銭> <大理銭>  などに分けられます。

     尚、コインを磨くと、些少ですが表面に傷がつくことがありますので磨くのは止められた方が良いそうです。

     状態を区別する為に、一般的には、 <プルーフ> <未使用> <極美品> <美品> <並品>  という分け方がなされています。



    当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

    情報提供地域=東京、渋谷、大阪、横浜、名古屋、池袋、銀座、新宿、神戸、札幌、町田、札幌、千葉、埼玉、京都、吉祥寺、表参道、六本木、仙台
    大宮、静岡、川崎、自由が丘、梅田、福岡、柏、熊本、岡山、広島、立川、愛知、所沢、奈良、関西、恵比寿、金沢、富山、福岡、岡山、浦和、松本

  • 記念硬貨 買取相場
  • 目の下のクマ解消法
  • 古銭の価値・古銭の価格
  • 古銭の買取価格・売買価値
  • FX
  • 海外留学
  • 古銭古銭 買取 古銭 リンパ リンパ リンパ
  • Copyright (C) 古銭の買取価格★売買価値のある古銭とは. All Rights Reserved.